スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『軌跡』■2・遠い記憶



   □■□ 第2章 遠い記憶 □■□


 あの瞬間を私は知っている。
遠い遠い記憶ではあるけれど、確かに私の中に刻み込まれ、私の中で生き続けている記憶。
ガヤガヤとした人の声、近所の人たちが小高いところに集まって何やら騒いでいる。
私の目線は高いところにあるから、きっと誰かに抱っこされているのだろう。
大人たちが指差す方には、煙のような黒い色がかたまりになって広がって見える。夕焼けとは違う不気味な赤さも混じって見える。

私はその時はまだ2歳と7ヶ月だった。そんなに小さいのだから記憶に残っている筈がない、と誰かに言われた。
記憶と信じているそのことは、後日人から聞いた話が印象として残り記憶と錯覚しているのだと。
そうかも知れない…と私も何度もそう思った。しかしどこかでそれを否定するものがある。いや確かに私はあの瞬間に立ち会っていたんだ…と。

昭和20年8月9日、広島に続いて長崎に原爆が落とされた時のことである。

原爆という言葉を聞くたび、記憶だけではない何かが私の奥で疼きだす。それは感覚体験といえるものかも知れない。
いつもとは違う異様な雰囲気やざわめきは抱かれている私にも伝わった。

太平洋戦争の渦中に長崎市内で生まれた私は「ここにいては危ない」と、長崎から直線距離で40キロ離れた島原の西有家という所に疎開し、農家の別棟を借りて生活をしていた。
私が生まれた時には既に任地に赴いていた父は、離れた所から私に「鳩子」と命名し、出生届を出し、家族に疎開するよう指示をしたが、私が4歳になるまで帰ってこなかった。私は父を知らずに育っていた。

疎開先は自然豊かな田舎だった。
そんなのどかな田舎の上空にも爆音が轟く。緊迫した空気が張りつめる中、抱きかかえられて農家の敷地の片隅に作られた手作りの防空壕のなかに逃げ込んだ、…がこれも感覚記憶として残っているのかも知れない。しかし小さい体の奥底に刻み込まれたこれらの体験は、記憶か知覚か曖昧なまま、遠い記憶となってその後の私に大きく影響をしていくことになる。
幼い私の中に沁み込んだ訳の分からない緊張は、成長の過程で様々に鎌首をもたげていった。

ただ単に極度の臆病者なのかもしれない。しかしこれも、このことをさておいて思い当たる節がない。とにかく、暗いところや怖い話、人が傷つくことやけんかなどは、聞くことも見ることも私には耐えられないことだった。そんな場面に遭遇すると一瞬にして体がこわばってしまう。
なので他の人よりも先に敏感にキャッチし遭遇しないようにするしかないのだが、避けられないこともある。

こんなことがあった。無類の映画好きだった母はまだ8歳の私を映画に連れて行った。母の妹である叔母と従姉妹も一緒だった。まだ映画が何たるかを知らない私は、大好きな従姉妹と一緒なのが嬉しく、気持ちがはしゃいでいた。映画は忘れもしない「黄色いリボン」という有名な西部劇である。騎兵隊とインディアンとの戦い…、私は終始うつむいて見ないようにしていたのだが、時々上目遣いに画面を見て、また下を向くを繰り返していた。。しかしとうとう大声で泣き出してしまった。すると私の鳴き声につられて従姉妹まで泣き出した。母たちはあの手この手で泣き止めさせようとしたが泣き止まず、とうとう映画館を退出することになった。今考えると申し訳ないことをしたと思うが、とにかく怖かった。それ以来、大人になるまで映画を見に行けなかった。
テレビが普及し始めた頃、大人たちが夢中になって見ていたレスリングやボクシングも苦手で、私はその場からひとり離れてその時間が過ぎるのをじっと待った。

長崎に原爆が落とされたのは偶然だったと聞いたことがある。
聞くところによると長崎ではなく、別なところを原爆投下の場所に選んでいたらしい。
だがその上空を雲が覆っていて空から下が見えない、旋回しているとたまたま運悪く晴れていたのが長崎だったのでそこに落としたというのだ。
これは人の話で、長崎は二番目の目標地であったらしい。しかし結局のところ、どこに落とされていてもおかしくない話なのだ。

私が小学6年生の時、原爆資料館と平和祈念像が建立された。
私は先生に引率されて見学に行った。
館内に入るとき恐怖心が走った。見たくない見たくないと心で叫んだが列になっての見学なので逃れられない。
容赦なく飛び込んでくる。目を背けても飛び込んでくる。ガラスや金属、鉄までも、ドロドロに溶けて固まっている。どれほどの熱風だったのだろう。黒こげの死体が転がる写真、廃墟となった町、虚ろな目で佇む人…、下を向いて直視するのを避けるのだが頭の後でも見える、感じる。
強烈な体験だった。

アメリカの水爆実験に巻き込まれ死の灰を浴びた漁船、第五福竜丸の話が日本中を駆け巡ったのは私が11歳の時だった。被爆した久保山さんの死、放射能は怖いと改めて実証されたのだ。
長崎の病院で被爆した医師の永井博士は闘病記を書き残し亡くなった。この二人の名前も私の記憶に刻まれている。
高校生の年齢になった時のことだ。当時の岸首相がアメリカと安全保障条約を交わそうとした時、暴動が起きた。革命家や学生や多くの市民が安保反対を叫び国会に押し掛けた。その人並みに押されて倒れた樺美智子さんが犠牲となった。そんな世論の動きに惑わされることなく、世論の理解も了解もきちんと得ないまま安全保障条約は調印されたという。これが平和への道だったのだろうか。
戦勝国であるアメリカと敗戦国である日本との関係は当時どのような状況下にあったのだろうか。

私の中では何故みんなが安保反対を叫ぶのか理解出来なかった。そのことがその後の日本にどう影響していくのか認識出来なかった。ただ漠然と、みんながこんなに反対するのにはそれなりの理由がある筈、と思った。しかしそれ以上知ろうとも思わなかった。
なのに社会の授業で「安保に対してどう思うか」のテーマが出題され作文を書かされた。書けない。安全保障条約が何をもたらすのか私にはまだ読み取れない。どうしようと締め切りギリギリまで悩んだ、悩んだ末に書いたのは、私の故郷がなぜ原爆の被害にあったのか、原爆を落とした国からの安全保障とは何を意味するのか分からないという率直な感想だった。そして、分からない、腑に落ちていない、納得していないことに賛成とはいえないので、私は安保反対です、と締めくくった。

今、現在も、ひとりの首相が提唱する「集団的自衛権」が国民の理解を得られないまま可決されてしまった。世論の大きな大きな反対の声は首相の耳に届かない。いや、聞く耳を持っていないのだろう。このことが未来に汚点として残り、最悪の事態さえ引き起しかねないという暗い陰を含んでいるにも関わらず、何もかもをオブラートでくるんでしまったまま突き進んでいる。
何故なのか分からない、腑に落ちない、納得できない…、だから私は反対です、と人生の終盤に差し掛かった今、また心が叫んでいる。

2歳7ヶ月の小さな肉体の無意識の底に潜んでいる記憶は、年齢とともに意識として表に出てきては、「死」とは何か、「生」とは何か、を突きつけてくる。なぜ私は今ここに存在しているのだろうか…、どのように生きればいいのだろうか、人はどんな社会を目指せばいいのだろうか、なぜ戦争をするのか、平和とは何か、意識をすればするほど深まる謎。
私自身は未だに確かな答えには行き着いていないが、もう既に、かなり確信を持って未来に向かって歩いている人たちがいる。先にある未来は闇でなく光でありたいと意識的に歩いている人がいる。その足取りの力強さに救いがあるような気が私はしている。

2-遠い記憶

『軌跡』■1・ドクダミ



   □■□ 第1章 ドクダミ □■□


 我が家の外壁と道路との間には1メートル幅の細長い隙間がある。
道路際には花壇を作っているがその隙間はあっという間に雑草に占領されてしまう。
なので砂利を敷き詰めているにもかかわらずドクダミが群生し隙間を真っ白な花で埋め尽くしてしまった。
抜いても抜いても出てくる強い草である。

この花のことを長い間私は嫌っていた。
何気なく手折った幼い頃、手についた強烈な匂いがいやでひたすら手を洗ったのにそれでもとれなかった記憶がずっと残ってしまっていたからだが、大人になったある日、その花の美しさと出会ってしまった。
出会うというのはおかしな言い方かもしれないが、普段目にしていても気づかないでいたのに、ある日突然、ハッとして立ち止まるほど心を奪われたのだ。

十字に開いた花弁(苞葉)の中心に直立する花芯(花)、純白と黄色のその花は気高くさえも見えた。その日以来すっかり見方が変わってしまったのだ。

 今年の始めに私は82歳の老婦人と何日かを共にした。
長崎でのことである。その婦人は私にこんなことを話してくださった。

 「私は原爆が落ちたとき、爆心地の近くにいたのよ。
 家がそこにあって家族と一緒に逃げ出したんだけど、どこもここも死体だらけで亡くなった人を踏みつけながら引っ張られるように逃げていったの。
 それからはドクダミを浴びるように飲まされた、毒を出せ、毒を出さなければ駄目と母に言われて、家族みんなでドクダミを浴びるように飲んだ。
 私が原爆病にかからなくてすんだのはそのおかげだと思っている」と。

本当にドグダミの効力かは分からない。もちろんその人にもわからないし稀なる幸運の人だったのかも知れない。
しかし、当時は戦争最中、人々はあらゆる脅威にさらされながら恐怖の中で生存の道を探っていたにちがいないが、それでも原子爆弾投下はそれこそ想定外だったであろう。

いくつもの大きな町とそこで日々を営んでいた沢山の命とを一瞬にして破壊し黒こげにしてしまった事実、その惨禍は放射能被害をもたらし後々まで人々に苦痛を強いていくことになったのだが、当事者たちは何が何か分からぬまま「もの凄いことが起きた」と必死に逃れることだけを考えたに違いない。
そんな中で直感的に「毒を浴びた」と思ったのであろう。毒を出せ、毒を出さなければだめだ…と。

 ドクダミの名は、毒を止める、毒を矯めるの意味で江戸時代につけられたらしい。
当時の必死さの中で毒を止める草としてのドクダミに救いを求めたのは当然のことのように思う。
純白の十字を四方の空間に広げ、その中心には黄金の光が上から下へと差し込み、その花の全体を見ると六つの方向を指し示しているかのようである。
さらにはいくつものハート形の葉がその花を天へと捧げるかのように力強く支え伸びている。
葉っぱは大地の近くを赤紫に、上に行くに従って緑へと色を変えながら重なり合っている。

ドクダミの花や葉の形状は、天と地を結び地上にたくさんの愛を届けようとしているかのようにみえる。
そんなことを考えていたら、老婦人の話が信憑性を伴って心に響き、そんな力も潜んでいるのかもしれないと私はうなずいて聞いていた。

dokudami1.jpg

こどものつぶやき -後編-

こどものつぶやきの続きを…と思いつつ、なかなか気持ちが向かいませんでした。というのも、最初は面白い、楽しいと 思いながら読んでいた言葉だったのですが、無邪気に発する言葉の中には、「えっ?これって幼児の言葉?」とドキッとするものがあったのです。
大人同士の会話なら何ということもないのですが、既に幼児の世界にまで入り込んでいる大人の感覚に、今の時代のカオスを感じてしまいました。
幼児はまるごと感覚器官として外の世界と出合っているといいますが、すごい超能力で大人の言動をまねしながら、その意味さえキャッチして使いこなします。そこには善し悪しの区別は存在せず、自分を取りまく全てに愛と信頼をもって対峙し、吸収しているのだろうと思います。大人の世界がよいことだらけならいいのですが、多分不安や不満、猜疑心や損得に満ち、そんな渦の中にこども達は巻き込まれているのではないでしょうか。
こどもの心は純粋ですから、そのありのままを受け入れ、様々な形で表出しています。

こどものつぶやきの続きを記します。幸い、このつぶやきからは、愛情を受けて育つこどもの姿が浮かんできますので、最初は大いに笑って、その次には、ことばの奥に横たわっている大人の姿を思い浮かべてみましょう。
「私、まねされても大丈夫かな?」…と。

=つぶやき05年版=
○その1
せんせい「みんな おもしろい顔をしてみようよ」
こどもA 「おかあさんのかお…がみがみがみ」
こどもB 「おとうさんのかお…よっぱらいよっぱらいよっぱらい」
       と言いながら面白い顔をしていた。

○その2
3歳のAちゃん
 こども 「ママの あんよとまゆげが すきなの」
せんせい「どうして?」
 こども 「だって パリパリだから」

○その3
紙に書いたお金でお買い物ごっこをして遊んでいたMちゃん
こども「ねえ、せんせい わたしってお金いっぱいもってるんだよ…
・ ・ ・
じつは…」

○その4
ままごとの遊びのおみせやごっこ
Tくん「イスは いりませんかー」
     と おへやのイスを売り出した
イスを買ったH君
  「せんせい きょうイスもってかえっていい?」
せんせい「あら ごめんなさい、それはようちえんのだから だめなのよ」

=つぶやき06年版=
○その1
 こども 「わたしね、からだも あしも かおも じぶんであらっちゃった」
せんせい「すごいね」
 こども 「大人になる れんしゅうなんだ」

○その2
連日の雨のあと やっと晴れたある日
Aちゃん「きょう はれているのは てるてるぼうずの おかげよね」
Bちゃん「かみさまが あめよとまれって いったんだよね」

○その3
 こども 「せんせい おれね Mちゃんのこと すきですきで すきですきで たまらないんだよ」
せんせい「あら そう それでMちゃんのきもちは どうなの?」
 こども 「あいしてるっていってくれたよ でもね なやんじゃうんだよなー」
せんせい「どうして?」
 こども 「だって すきだけど あいしてるかっていうと わからないんだよ」
せんせい「すきとあいしてるは ちがうの?」
 こども 「それが ちょっとちがうんだよなー」
せんせい「ふーん そうなんだ」

○その4
こども「Kのあし 2つじゃなくて 3つになりたい」
 母 「3つって なんで?」
こども「トラみたいにして あるきたいから」
 兄 「じゃあ 4つじゃん」
こども「そうかー あしが4つで あしがはやくなりたい
それで あしがながーくて それで めも トラみたいによくみえるほうがいい つよいから…」

=つぶやき07年版=
●その1
巨大ぐも発見
Aちゃん「へやじゅう くものすだらけになったら どうする?」
Bちゃん「そしたら くものすのうえで おべんとうたべようよ!」

●その2
遠足前日の大雨、晴れているのに雨が降っているのをみて
Aちゃん 「なんで あめ ふってるのかなぁー?」
Bちゃん 「わかった! ちきゅうが あせかいてるんだよ」
せんせい「…なんで?」
Bちゃん 「だって がんばって あしたはれにしようとしてるから」

●その3
てるてる坊主を作っているとき
 こども 「てるてるぼうず つるして~」
せんせい「はい、どこにつるす?」
 こども 「そらに いちばん ちかいとこ!」

●その4
こども「わたしね、せんせいだいすき!
だって いつも うれしいかおしているんだもん」

●その5お弁当の時間に
こども「ぼく おかあさんのつくるごはんが いちばんすきなんだ。
おかあさんんが ぜんぶたべてねって いったから ぼく ぜーんぶたべたよ」

=つぶやき08年版=
●その1
小枝にかかっている蜘蛛の巣を見つけて
こども「せんせい みて! かんらんしゃみたいだね」

●その2
毎日、登園してからずっと泣き続けていたAちゃん
朝の集まりでみんなの手遊びを見ていて
Aちゃん「あれ? なみだがとまった!」と目の下に手をやる

●その3
かいこの赤ちゃんが幼稚園にきた
こども「これ しらす?」

●その4
男の先生が一人の男の子に
せんせい「おまえは おんなのこにやさしいな」と言うと
              ・ ・ ・ ・  
 こども 「うん おれ いけるこにはやさしいんだ」
せんせい「???」

●その5
空を見上げて
こども「くもがうごいているよ かいじゅうみたいだね」

                         
(c) .foto project


子どものつぶやき

幼稚園を離れて数年が経ちましたので、手付かずのままだった過去のデーターを消去しようと愛用のワープロに向かいました。
不必要な記録をバンバン整理していたのですが、中から「これは消せない」というものが出てきました。
それは「子どものつぶやき」の記録です。

ファンタジーと現実の世界に彩られた子ども時代、その独自な世界で遊びながら紡ぎだす言葉は楽しく、何のてらいもない真っすぐな心が読み取れます。
この子たちは今頃どうしているだろう…と思いを馳せても個々の顔が浮かんでくるわけではありません。何しろ作者不明なのですから。
2004年から数年の記録ですから、多分中・高生位になっていることでしょう。それに本人も自分がつぶやいた等とは思いも寄らぬはず、このつぶやきと我が子の姿を重ねながら楽しんでいただくのがいいかも知れません。

つぶやき04年版
その1
こども「ママがパパのことおこったの、オレないちゃった」
    「ママとパパがチューした、オレわらうきもちになっちゃった」

その2
“おいしいおかゆ”の素話を聞いた翌日
こども  「せんせい、きのうのトウフのはなし おもしろかったよ」
せんせい「トウフ…? ああ、おかゆのはなしのこと?」
こども  「あ、そうだ おかゆだった おもしろかったよ」

その3
 お弁当の時間、おにぎりを食べながら
こども「おにぎりがおやまぐらいおおきかったら みんなでたべられるのにねぇ」

その4
せんせい「台風って何かわかる?」
こどもA 「あめとかぜがつよくなるの」
    B 「あのね がっこうのグランドであめとかぜがたたかうんだよ」

その5
石鹸で手を洗っているときの出来事 、石鹸がピュツピュツと手からすべるのを見て
こども「なんか このなかに おさかなさんがいるみたい」

その6
兄弟の話しをしていた
Aちゃん 「Aのいえはおねえちゃんがいるんだよ」
Bくん  「ぼくんちは にいちゃんとおとうと」
Cくん  「Cくんちはねぇ ポッキーちゃんとタマゴちゃんがいるんだよ」
せんせい「えっ?」
Cくん  「Cくんのぬいぐるみ!」

その7
蚕の飼育箱をのぞきながら
こども 「あなたは どんなところからきたの?」
 蚕  「……」
こども 「あなたは おとこのこ?おんなのこ?」
 蚕  「……」

その8
こどもA 「せんせい わたしね みかんのたねうえたんだよ」
こどもB 「わたしもかきのたねうえたよ でもね おかあさんが かきはならないっていうの」
せんせい「えっ どうして?」
 あとでお母さんに聞いたらお菓子の柿の種だったそうです。それは無理ですよね。

長くなるのでこの続きは後日のお楽しみにします。

道草

4月末のことです。
私が所属する「オイリュトミーアンサンブル野のばら」は宮城県の多賀城市へとグループ初の出張公演に出かけました。
迎えるための準備など大変なことがあったと思いますが、スタッフの皆様からは心のこもった温かいもてなしを受け、公演当日は小さいお子さんから大人の方まで、本当に沢山の方々に見に来ていただき感謝いっぱいの楽しい舞台となりました。

ところで多賀城ってすごいところですね。日本最古の名所旧跡が顕在しているところで、地域全体が「史都」としての重要な役割を担っているようです。
メンバーの中の3人はそんな多賀城に足を留め神社巡りをすることにしました。そこで…筆舌に尽くし難いすばらしい体験をしたのですが…ここでは多賀城の別の顔を記します。

あんな気分を味わったのは本当に久しぶりです。のどかで美しい日本の原風景との出合いとでも言ったらいいでしょうか、柔らかい芽吹きの木々が色とりどりに淡い色彩を放ち、桜や桃もそこに溶けこんで優しさを強調しながら辺り一面を包みこんでいます。家々の庭先には春を彩る花々が咲き誇り、まさに百花繚乱!

ワクワク気分で歩き続けると道は次第に山里へと入っていきます。
畦道に咲く野の花を指差しながら、これはホトケノザ、これはカラスノエンドウと名前をいいながらの楽しい道歩きです。すると一面たんぽぽに被われた原っぱがあっちにもこっちにも…、まんまるの白い綿毛が風に揺れています。
まるで絵本の「しろいうさぎくろいうさぎ」の絵の中に入りこんだようでした。のんびりゆったりの野道歩きは幼い日々を甦らせます。スズメノテッポウは笛になるのよ、ヤマブキの枝で「ヤマブキデッポウ」を作って遊んだのよ。これはスイバ、噛んでも大丈夫酸っぱいでしょう?など、いちいち足を止めながらの道草三昧です。こんなところで子どもたちを遊ばせたいなーと幼稚園現役時代の気持ちも甦ってきました。
林道に入るとスミレの色が濃くなり、野生のミツバに出合い、木漏れ日の中でゼンマイが渦巻き葉を広げています。
そして、白い茎を伸ばした蛇模様、まだ葉も花も出ていないけどこれは多分マムシグサよ、との私の言葉に「へぇ?」としゃがみこんで見入る二人を後にして進むと、
   「あっ、咲いてる!」。
私の声を聞き付けて駆け付け覗き込んだ第一声は「ギャッ」、次に「マムシだ」、更に「気持ち悪い」の3連発。
確かに黒紫色の花はマムシが鎌首をもたげたように見えます。でもなかなか出合えない花なので私の心は嬉しさいっぱいでした。

多賀城で至福の時を過ごした私は、心の中に沸々と沸き起こるものを感じていました。豊かさってこんなことかも知れないと。幼少期の大半を自然の中でまどろんで過ごした私ですが、もしかしたら知らず知らずの内にすばらしい宝物、自然の恩恵を受けて育っていたのではないだろうか…、すっかり忘れていたけれど、眠りこんだままにしていたけれど、誰かとこんな話がしたい、子どもたちとこんな豊かな時間を分かち合いたい。
目を留めないだけ、しゃがみ込んで見つめないだけ、踏ん付けて通り過ぎてるだけ、意識すればまだまだ残っている宝物を持ち寄って、豊かさへ一歩近づきたい。そんな思いが湧いています。

最近模様替えをして店舗内にくつろぎ空間を作りました。
座ってお茶を飲んだりおしゃべりしたり…。絵本なども並べようと思っています。
そこを集いの場所にしたいと思っています。自由で楽しい、でも意味のあるおしゃべり「道草談義」を夜の談話室でしませんか?
参加費1コイン(茶菓代)500円、集いの望みは「子どもたちの未来のために一歩を踏み出す大人の集い」。
みなさん、金曜日の夜あたりはいかがでしょう…?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

popo

Author:popo
●笹井鳩子profile

 中央林間にある大和田園幼稚園に6年、横浜鶴見の橘幼稚園に34年勤務。(内28年を園長として、2年を顧問として務める。)
長い間幼児教育の道を歩む中で、シュタイナーの人間学に出合い教育観を深める。
また、経験を通して「人は人の中で人となる」を実感する。
退職後、「自らの手で作る喜びを味わう」・「人が出会い絆を結ぶ」、この二つを実現すべく、創造と交流の場として『創造空間Lula & Popo』を開設。

最新記事
カテゴリ
ようこそ
最新コメント
おはなしだいすき
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。