スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひかりの子ども、じゅん君(その2)

■□■ ひかりの子ども、じゅん君(その2) ■□■

 何日か前にじゅん君は3歳の誕生日を迎えました。
その2週間位前から小学4年生のお姉さんはそわそわ! お店の商品をあれかこれかと探しています。聞くと、自分のお小遣で買える範囲の誕生日プレゼントはないだろうか?というのです。そこで、届いたばかりの 玩具(木製の動くバッタ)を「これはまだ少し早すぎるかな…?」と言いながら見せますと、お姉さんはすっかり気に入って
 「それがいい! だって、小2の弟も喜んで一緒に遊んであげると思うから…」
と、二人の弟を思いやるのでした。

ひかりクラスの当日(親子のオイリュトミー)じゅん君は3歳になりました。つい先日までは一生懸命模倣していた手あそびやリズムあそびの動きを、最近はわざとやろうとしなくなり、お母さんに抱きついたり走り回ったりするのです。やるように促すと「イヤッ」と拒否する一方で、自分のお気に入りのものの時は率先してやっています(ああ、この姿去年のゆう君と同じだ!)。
大人の思惑などなんのその、全くもって「我が・まま」なその姿に大人達は振り回されそうになりますが、「来たなっ!3歳の反抗期!」と同ぜず心して見ていますと、3歳という年齢の大きな成長の姿が見えてきます。
そう言えば最近は急に言葉が増えました。その日じゅん君は突然絵を描きました。くるくると真ん丸に塗り潰した丸を二つ描き、その外側を円で囲んで、「しぇんしぇい(嬉しいことに私だそうなのです)」を描いたのだと言うのです。円は始点と終点がきちんと結ばれ、円として完結しています。
人の顔…を描いたじゅん君ですが、その絵はまさに自分。今までは外の世界と自分とが一体だったけれど、円を閉じて内と外に境界をつくり、更には円の中から外を眺める大きな目!その絵からは現在のじゅん君の成長の印しを読み取ることが出来ます。言葉が増え、イヤッと拒否し、やってはいけないことをやって大人の反応を見、外の世界への好奇心でいたずらしまくり、言うことを聞かない…という3歳児の姿は、自分の中にしっかりと「ボク」が存在し始めた証なのですね。ボクとしての自我の目覚めの時期、手に負えないとぼやきたくなるかも知れませんが、成長を喜び、大きな愛で包み込んであげたいですね。

20110831junkun B-day

スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

popo

Author:popo
●笹井鳩子profile

 中央林間にある大和田園幼稚園に6年、横浜鶴見の橘幼稚園に34年勤務。(内28年を園長として、2年を顧問として務める。)
長い間幼児教育の道を歩む中で、シュタイナーの人間学に出合い教育観を深める。
また、経験を通して「人は人の中で人となる」を実感する。
退職後、「自らの手で作る喜びを味わう」・「人が出会い絆を結ぶ」、この二つを実現すべく、創造と交流の場として『創造空間Lula & Popo』を開設。

最新記事
カテゴリ
ようこそ
最新コメント
おはなしだいすき
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。